×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


サーチュイン遺伝子【小さなポケット】が気になる

「サーチュイン遺伝子」という老化を遅らせ、寿命を延ばす遺伝子が見つかりました。
サーチュイン遺伝子は動物の長い飢餓の歴史の中で、飢餓対策として生まれたもの。
飽食の現代人のサーチュイン遺伝子は殆ど休眠中で、その結果、老化が進行する。
サーチュイン遺伝子は、アメリカ・マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士が2000年に酵母から発見しましたが、その後、サーチュイン遺伝子は、地球上のほとんどの生物が飢餓対策として獲得した、寿命を延ばす生物共通の働きであることが分かりました。
サーチュイン遺伝子は、抗老化遺伝子とも呼ばれており、通常、飢餓やカロリー制限によって活性化する。
近年、レスベラトロールがサーチュイン遺伝子(SIRT1遺伝子)を活性化することもわかっている


サーチュイン遺伝子【小さなポケット】について

サーチュイン遺伝子は万人が持っているものの、普段は眠っていて働きません
サーチュイン遺伝子のスイッチがオンになると、寿命が延びる
長生きの秘訣は何かという研究がされていたが、この解がある程度判明し始めているようだ。活性酵素を抑えたり、抗体が活性化した りして、個体の寿命を延ばす働きをする遺伝子が見つかっている。
「サーチュイン長寿遺伝子」は老化を遅らせ寿命をのばすものであり、ヒトであれば10番目の染色体に存在するが、サーチュイン遺伝子は普段活性化していません。
飢餓のような過酷な環境下ではDNAの活動が抑制され、DNAの安定化へと変化する。これが結果的にDNAの損傷防止につながり、このDNAの損傷防止は直接的に長寿につながる。
活性化する引き金を引くのは「少ない食料」であること。食事のカロリーを制限したときに協力に活性化するそうだ。これは、生物として食料が少なくなると子孫を作ることよりも体を維持しようと働く本能から生じる。



その他の小さなポケットのメンバーラインアップ紹介



その他のサイトご紹介




サーチュイン遺伝子小さなポケットのリンク集のページ


サーチュイン遺伝子【小さなポケット】お問い合わせ